オリオン座の画像

サイエンスカフェ オリオン

サイエンスカフェ オリオンは、宇宙・天文が好き、科学が好き、 皆と話すのが好きという人たちが、主に八王子市で集う会です。どなたでも参加できます。

トップページ  >



 


最新の話題

     -------------------2019年5月17日-----------------------------

次は6月2日に開催いたします。「次回開催予定」をご覧ください。

なお、今回より参加申し込み期間を、開催の2週間前から3日前までとしました。
(6月2日の開催では、5月19日(日)より5月30日(木)まで)
この期間以外は参加の申し込みはお受けできませんのでご注意ください。
また、申込先のメールアドレスは  sc-orion-applyあgooglegroups.com 
(あ 半角@に置き換えてください)に変わりました。


また、次々回は6月16日の開催予定です。
本間希樹さん(国立天文台水沢VLBI観測所所長、教授 )のお話で、
  「ついに捉えた!巨大ブラックホールの姿」
お話の概要:
2019年4月10日、史上初めてブラックホールの撮影に成功したというニュースが世界を駆け巡りました。 その撮影を行った国際チームの日本代表を務める講師がその意義や今後の展望などをわかりやすく解説します。
次々回の参加申し込み期間は、6月2日(日)から6月13日(木)です。


次回開催予定


春山純一さん(JAXA ISAS/太陽系科学研究系)のお話

   「電子書籍:読書から出版まで」

お話の概要:
●【電子書籍の時代】
皆さんは、電子書籍をどの程度知っていますか?30代以下の年代は、 4人に1人以上は電子書籍を読む、という時代になってきたようです。 スマートフォンが生活を変えてしまったように、電子書籍もまた私たちの生活を 大きく変える時代になってきています。革命と言っても良いかもしれない、 そんな状況です。
●【電子書籍の問題】
確かに、電子書籍は、「紙に比べると読んだ気がしない」、 「紙の本でできたことの多くが電子書籍ではできないのではないか」ということ で敬遠する人も多いようです。
●【電子書籍の特長】
しかし、これからは、電子書籍を読む人の数は、紙の書籍 を読む人の数より増えていくことでしょう。なぜなら、電子書籍を読むためのス マートフォンやipadなどのタブレット端末で使われる電子書籍を読む「道具」は、 大変な進化を遂げていて、むしろ紙の書籍には無い便利な機能があったりするか らです。私も、最初は電子書籍を敬遠していました。しかし、使い始めるとその 便利さに魅了され、今や電子書籍で書籍を読むのが大半になりました。
●【電子書籍出版のススメ】
そして、私が皆さんに本当に伝えたいのは、更にその先です。 “電子書籍の登場で、多くの人が著者になる機会が飛躍的に増えた”ということ を是非ともお伝えしたいです。私も、最近、電子書籍の「読者」から、「著者」 へとなりました。かつては、無名の人には著者になる機会は与えられず、できる とすれば「100万円ほどのお金を払って」自費出版することくらいしか道はあり ませんでした。しかし、今や内容さえあれば、「著者」になれる道が、この電子 書籍によって出てきたのです。
今回、電子書籍について概説した後、できれば経験を踏まえて電子書籍出版につ いての話をさせていただく予定です。是非、電子書籍について様々な角度から、 時間の許す限り議論させていただきたいと思っています。


会場や飲み物・ケーキの準備がありますので参加希望の方は 
5月19日(日)から 6月9日(木)の間にお申し込みください。
申込先は、sc-orion-applyあgooglegroups.com ( あ を半角@に置き換えてください)
定員は25名、先着順に受け付けます。
-----------------------------------------------------------------------------
日時:2019年6月2日(日) 午後2時 ~ 午後5時
   午後1時40分 ~       受付開始
   午後2時   ~ 午後4時  2階の談話室で春山さんのお話と質疑応答
   午後4時 ~ 午後5時  1階でケーキ・飲み物をいただきながら歓談
会場:北澤珈琲店(八王子市万町19-4)
参加費:1500円 (飲み物・ケーキ付き) 
---------------------------------------------------------------------------
注)午後2時から春山さんのお話が始まりますので、開始時間に遅れないように
  お集まりください。

** 内容や日時が変更になる可能性があります。このページで最新の情報をご確認ください。

そのほかの情報

現在はありません
 

更新情報


2019-05-17 次々回の開催予定を記載

コンテンツ

トップページ


活動記録一覧


 活動記録 2019年

 活動記録 2018年

 活動記録 2017年


 活動記録 2016年


 活動記録 2015年


 活動記録 2014年


 活動記録 2013年


MLより


リンク

inserted by FC2 system